DY-13UP 大型自動チップカウンター

プリンタ出力用USB端子付きモデル

概要

リール状テーピング部品の端数、在庫管理に最適!

大型自動チップカウンターを使用して、リール部品の端数を計測すると、次のようなメリットが生まれます。
  • 在庫管理の精度が上がり、数量不足によって生じる自動機の停止ロスやロット仕掛かりの発生を防ぎます。
  • 棚卸し時には、短時間で高精度の数値を得ることができます。
  • リールを必要な数ごとに分割することで、複数ラインへの同時供給が可能になります。また、少量に分割して使用することが簡単にできるようになります。

特徴

  • 供給側リールの終端部分を検出して自動停止します。
  • 計測終了後の巻き戻しも計測始点部分を検出して自動停止します。
  • 付属のUSBケーブルをパソコンのUSBポートに接続することにより計測数値をパソコンに直接入力することができます。
  • オプションのプリンターを接続すれば、計測後計測年月日と計測数値およびバーコード(計測値)を瞬時にラベル印刷できます。
  • 小型から大型リールまで対応可能です。(最大径382mm)
  • 高速化によって短時間での計測が可能です。
    (例)3K個/15秒(8mm幅、4mmピッチ、エンボス)
  • リールの分割には、必要な数量で停止することができる「プリセット機構」が便利です。
  • Speedは「HIGH/LOW」の2種類の選択ができます。

機能詳細

自動停止機能

1.供給リールの終端部分を検出して自動停止させます<実用新案>
【自動停止機能の種類と原理】
AUTO機能 供給側巻き芯径と巻き取り側リールの巻き芯径が同等の場合に使用します。
巻き取りリールが巻き取り始めた時、巻き取りリールの芯径とテープの厚みを計測しながら、供給側リールの巻き取り芯径が同等になった時自動停止させます。
径指定機能 供給側リール巻き芯径と巻き取り側リール巻き芯径が異なる場合に使用します。
専用の巻き取り側リールを使用する場合は供給側の巻き芯径をセットします。
50φ,60φ,80φ,100φ,150φの5種類の設定が出来ます。
MANUAL 自動停止機能をはずしてあります。
【一時送り機能】

自動停止で残量が多い場合、停止ボタンを押しながら巻き取りボタンを押すと、巻き取りボタンを押している間だけ低速で一時送りします。

2.計測終了後の巻き戻し時、計測始点部分を検出して自動停止させます
【自動停止機能のメリット】

通常は、計測終了後テープを供給側リールに巻き戻さなければなりません。このとき計測始点部分で自動停止させることにより、テープ始点部分のトップカバーテープの剥がれや、部品の脱落を防ぐことができます。また、計測者がこの巻き戻し時間中拘束されずに済みます。

ラベル印刷機能(バーコード付)

【ラベル印刷機能のメリット】

チップカウンターで計測した場合は、必ず計測結果を記録する作業が発生します。計測作業では次の計測準備や計測後のリールのテープ留め処理等の作業が有、計測結果の記録に誤りが発生するケースが意外と多いようです。または計測結果の記録の正確性に不安が生じ、再測定する場合もあるようです。せっかく計測したのに、記録ミス、数字の読み取りミス等は非常に無駄です。

オプションになりますが、専用プリンターを接続し、計測終了時“PRINT”ボタンを押せば瞬時に「計測年月日」と「計測数」 、及び「バーコード(計測値)」を瞬時にラベル印刷できます。この印刷機能により、計測者は記録作業から解放され、計測作業の効率が大きくアップします。

計測値のパソコンへの取り込みにバーコードをご利用頂くと便利です。

ラベルの使用方法として、計測記録をリールに貼り付ける、またテープ先端をリールにセロハンテープで貼り付ける代わりにこのラベルを利用することも可能です。

【プリンター出力、ラベル】

DY-13UPのPRINTER端子とパソコンを付属のUSBケーブルで接続します。

ラベルサイズ(バーコード) 33×26mm 1巻約900枚
バーコード規格 CODE39
バーコード印刷寸法(数字部分は除く) 24×7mm
(通常の使用状態での設定)
  1. パソコン上の部品表、棚卸表等に計測数値を入力できる状態にします。
  2. 計測するリール部品をDY-13UPにセットします。
  3. セットされたリール部品の計測数値に入力する場所(部品表、棚卸表等の該当するセル等)をフォーカス状態(キーボードの入力がされる状態)にします。
  4. DY-13UPでセットされたリール部品の計測を行い、「PRINT」ボタンを押すと、自動的に計測結果が部品表、棚卸表等に入力されます。
(プリンターと併用の場合)

プリントを押すとパソコンへの入力と同時にプリンタへ印刷が始まります。
注)パソコンへの入力のみで、プリンタへ印刷したくない場合は、プリンタの電源をOFFにしておくか、プリンタへの出力ケーブルをはずしておいてください。

仕様

電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 40W
数量表示 0~99999
外形寸法 560(W)×310(D)×120(H)mm
重量 7kg
適応部品 リール径382mm以下
テープ幅8~72mm
送りピッチ2,4,8,12,16,20mm

【オプション】

プリンター プリンター出力用USBケーブル付属
外形寸法:106(W)×184(D)×110(H)mm
本体重量:約600g(ラベル紙除く)ACアダプタ:約350g
プリンタラベル UDK3326H(33×26mm)枚数 約900枚/巻(10巻/箱)

価格表

大型自動チップカウンター ¥260,000
オプション:プリンター ¥40,000
オプション:ラベル ¥22,000

Q&A

大型自動チップカウンター:DY-13UPに関する質問

動力源は何ですか?

AC100Vです。

計測数値の精度は±何%ですか?

±0%です。

計測時間はどのくらいかかりますか?

<低速選択時>
リール径 178mm カウント時間30秒(TR 3,000個巻)
リール径 382mm カウント時間23秒(EC 300個巻)
<高速選択時>
リール径 178mm カウント時間15秒(TR 3,000個巻)

リール径 382mm カウント時間12秒(EC 300個巻)

32mm幅の紙粘着テープの計測はできますか?

できません。

自動停止機能について詳しく説明してもらいたい。

供給側リールの最終巻数を3~4巻残した所で自動停止します。

なぜ自動停止を残り1、2巻の所で自動停止できないのか?

メーカーにより終端”空テープ”の長さが違うため、テープがリールから外れてしまうのを防ぐためです。

もしも外れた場合にはテープを巻き戻し、初めから操作をやり直しすることになります。

プリセット機能とはどういうものですか?

必要数をセットしてスタートすると、その数値に達した時点で停止する機能です。

プリンターは選択できますか?

弊社の専用プリンターとなります。ただし、PCを介して接続する場合には所有プリンターを使用できます。

プリンターの印刷内容を変更できますか?

変更できません。

プリンターのラベルの種類と寸法教えてください。

弊社オリジナルサイズ。

UDK3326H:寸法/33×26mm 1巻の枚数/約900枚(バーコード有り)

ラベルの印刷内容を教えてください。

計測数、計測年月日、計測数のバーコード

ラベルの印刷の内容を変更できますか?

変更はできません。

バーコードの規格を教えてください。

CODE39です。

PCに接続せずに計測数値を確認できますか?

DY-13UP本体に表示機能がありますので確認できます。

業務案内
自社商品(DYシリーズ)
会社案内
お問い合わせ